古布とたわむれる日々

by kosodenokura

こどもの日

c0168584_16483936.jpg

まるで春の前に入梅したのでは?と言うような雨空が続きます。
気温も低くて庭の桜は3部咲き、山菜も遅いようです。

近くの直売所に行ってみましたが、地物で今あるのは、
ボンナ、こごみ、ちょっと伸びた行者にんにく、クレソン。

太くて甘いアスパラガスはまだまだのようです。

それから、面白いもの発見。
ふきのとうの茎。
花を切り落とし、ゆでてから葉(苞)を引きながら筋を取って水に晒したものがありました。
急いで帰り、早速庭の伸びたフキノトウでやってみました。
キンピラ風に油で炒めてピリ辛に味付け。

美味しい。
蕗ほどしゃきしゃきでもなく、苦味もあってばっけ(フキノトウ)より
おかずになりそう!

気が付けばこどもの日。
熊じゃなくて、三輪車に乗って駆け回っていた私たち仲良しグループの男の子たち。
そろってお嫁さんを見つけたみたい!

母親から見れば、大丈夫かしら?お嫁さんなんて来てくれるかしらと
心配も口に出せずに友人同士それぞれ、愚痴っていた男の子にも春がやってきました。

幸多かれと祈ります。
[PR]
by kosodenokura | 2013-05-05 17:09 | 作品 | Comments(0)