ブログトップ

小袖日誌

牡丹袋

立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花。

c0168584_21405694.jpg
美しい女性を例えて言われる事ですが、
芍薬と牡丹の違いって、わかりますか?

芍薬は草で、牡丹は木。
いずれもボタン科で、よく似た姿です。
私は牡丹が草で、芍薬が木だと思っていました。

今年の春は遅かったけれど、春の花の季節は駆け足で通り過ぎて行きます。

例年は、一つずつ順番に咲いていく庭のつつじも、一斉に色とりどりに咲き、
あっという間に盛りが過ぎ、山のふじの花も早々と咲き誇っています。

ボタンは満開、芍薬は大きなつぼみが明日にも開きそう!

牡丹の花の花芯の部分が巾着になっていて、好みの香りを忍ばせる事が出来ます。
大きさは直径13センチほど。
[PR]
by kosodenokura | 2013-06-03 21:43 | 作品 | Comments(0)