古布とたわむれる日々

by kosodenokura

かめ蜂

豪雨と猛暑の後に、いきなり猛暑。
テレビのニュースでは、熱中症対策が叫ばれています。

秋田県は今まさに梅雨時の雨模様。
紫陽花の花がやっと、イキイキ咲いています。

先日、梅雨前に庭の垣根を刈り込みました。
さすがはプロの庭師さんたち。
あっという間に鋏で綺麗な直線や曲線を描いてしまいます。

その作業中、垣根の中からこんな蜂の巣が見つかりました。
c0168584_1325487.jpg

中は綺麗な六角形。
c0168584_13263920.jpg
スズメバチの巣です。
この辺ではカメバチと言います。
瓶のような巣を作るから。
トックリ蜂ともいうようです。

庭の紅葉の洞に日本ミツバチが巣を作っていて、去年のお盆過ぎは
大スズメバチが大挙して襲撃する様が思い起こされました。

スズメバチは、女王蜂しか越冬しないので、最初に巣を作るのは女王蜂なんでしょうね。
我が家には今年すでに3匹のスズメバチが紛れ込み、窓ガラスのそばで、
びんびんしているのを、やっつけました。

日本ミツバチたちは冬を越し今盛んに飛び回って働いています。
日本ミツバチの蜜はとっても貴重らしいですが、蜂の恩返しを狙っているわけではありませんよ。
けなげさにやはり応援したくなります。
[PR]
by kosodenokura | 2013-07-10 13:49 | 日々のつぶやき | Comments(0)