ブログトップ

小袖日誌

ざくろの小袋

爽やかな秋晴れとはちょっと言いがたい10月。

せっかくの連休だから、各地で収穫祭を兼ねたお祭りが企画されています。
1週間前の天気予報では、この3連休は晴れだったのに、雨、曇りに塗り替えられました。

東京でも観測史上、最も遅い夏日の記録とか。
やはり、気候がもう変化して、以前の移ろいとは
変わってしまったのかと・・・
今年の紅葉はあまり期待出来ないのかしら?

しかし10月も半ば、秋の産物が次々と出回り、食欲が刺激されます。
庭の栗も豊作で、色々処理するのに1週間も費やしました。

ざくろも赤い実をはじけさせる季節に、お細工袋。
直径2cmの赤い縮緬をチクチク縫い縮め綿を入れて
直径5mmほどのまあるい実を25個。
こぼれるように貼り付けるのが手間。
石榴は女性ホルモンの助けになり、実がたくさんなので、子沢山の意味合いも。
c0168584_10193347.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2013-10-13 10:21 | 作品 | Comments(0)