ブログトップ

小袖日誌

ほおずき市

今年の7月9,10日は浅草寺のほおずき市だったそうで
c0168584_2132256.jpg

観音様の日で、この日にお参りすると
4万6000日分の功徳があるそうな。

北日本の片田舎で育った私は、そんな風習も知らず、
上京した折、ほおずきの大きさに、ただびっくり!

子供の頃、真っ赤に色づいたほおずきの実を
揉んで、壊さないように種をそうっととりだし、舌の上にのせて
グ~グ~と音を出せた時の満足感!

そんな思い出と共に知っているほおずきは苞の大きさが5,6センチの物。

都会のほおずきは大人の握りこぶしほどもある!!!

田舎のほおずきと都会のほおずき!?
北のほおずきと南のほおずき!?

カルチャーショック!
c0168584_21325624.jpg

都会の友達に送ってもらいました。

苞の繊維質だけが残るように細工して、
実に見立てた赤い丸は、ちりめん(絹の着物生地)で作ったもの。

どうやって入れたの?って言われます。
小さめの都会のほおずきと大きめの田舎のほおずき。

最近流行の、食用ほおずきは、もっと小さくて、親指の頭くらい。
まだ食べた事がありません。
今年は食してみようかしら?
[PR]
by kosodenokura | 2016-07-11 21:43 | 作品 | Comments(0)