古布とたわむれる日々

by kosodenokura

いっぱい収穫

  秋風が朝晩寒い!
  毛布を使い始めました。
  
  でも、秋はおいしい季節。
  裏の田んぼの稲も下を向き始め、
  りんごも頬を染め始め。
  
  近所の「北限の桃」屋さん、今日から収穫ですって。
  我がうさ子は、一足お先に籠いっぱいに
  秋の実りを、とったど~!!
c0168584_21541843.jpg

[PR]
# by kosodenokura | 2017-09-04 21:56 | 作品 | Comments(0)

蜀江紋袋

c0168584_17322466.jpg

  高さ10センチほどの小さな巾着。

  8角形と4角形を組み合わせた模様は
  中国の蜀の織物に似せた模様。

  なので、四角は2センチ四方の鹿の子の布と、
  黒縮緬の8角形を縫い合わせたもの。

  全部で80枚と3枚をチクチク。

  出来上がってから、80枚を縫い合わせたことに気づき
  取り掛かる前に数えたら、きっと始めなかった!

  でも、小さいからかわいい。
   
[PR]
# by kosodenokura | 2017-08-22 17:42 | 作品 | Comments(0)

ゆかた

  夏が終わりそう!
  お盆前後、ずうっと涼しいを通り越して寒かった。

  オホーツク高気圧のせい。
  関東もずっと雨続きとか。

  お盆過ぎてやっと、ゆかたを作りました。
  お盆前、掃除をしていたら、40年ほど前の浴衣地が押入れから出てきた。
  1,2歳用の用尺。
  つい先日、今の浴衣地2着分を買ったばかりで、
  しかも今年は間に合わない。
  買った浴衣地は来年用に仕立てました。
c0168584_14343234.jpg

  仕上がったのは現代の柄。
  反物は40年前のもの。
  今のママたちにはレトロ感満載。
  で、やはり来年用に甥っ子の娘、今4ヶ月のために甚平に。
  1,2才用一反分で、甚平2着出来ました。
c0168584_14401046.jpg

  ちなみに今の浴衣地では、2,3歳用と3,4歳用に。
  体に合わせた肩上げ、腰上げは来年。
  甚平と合わせて、計4着、3日半で仕上げたぞ~!
  やれば出来る子でした。
[PR]
# by kosodenokura | 2017-08-18 14:50 | 作品 | Comments(0)

夏祭り

  気が付けば8月。
  お盆と夏祭りの季節。
  昨日はお墓の掃除の日でした。

  車で水を運び、ご先祖様をお迎えするので、
  墓石まできれいに磨くのです。
  「●●ちゃん、水足りるか?」と、
  一足先に掃除を終えて帰る、村のお兄さんが
  親切に私に声をかけてくれました。

  とっさに、「大丈夫!」と返事してうん!?

  子供の頃の呼び名のままに、呼ぶほうもだけれど、呼ばれた私も
  何の躊躇もなく、返事した!

  お墓で会ったとき、どこの爺さんかとおもったら、▲▲さんかと
  心の中でおもったばかりなのに、
  私だって、高齢者と呼ばれる範疇になっているのに、
  おかしいね。

  今年の羽後町の西馬内の盆踊り用の作品です。
c0168584_1357550.jpg
c0168584_1357291.jpg

  布貼り絵にしてみました。
  もう一つは彦三頭巾の乙女人形。
  頭巾の下には乙女のお顔も書きました。
c0168584_1411989.jpg

  かがり火の明かりと、お囃子や音頭にあわせて踊る
  端縫い衣装と彦三頭巾で踊る盆踊りは、
  幻想的であでやかです。
[PR]
# by kosodenokura | 2017-08-07 14:09 | 作品 | Comments(0)

6月

山菜の季節。
熊出没のニュースが毎日のようにあります。

2,3日前、母がカモシカを見たとびっくり。
88年当地で生きてきて、初めて見たらしい。
自然や、季節が例年のように移り行くとは言えない感じ。

1週間前、白神山地の麓あたりに藤の花を見に行ってきました。
田んぼの中に、長年かけて色とりどりの藤をうえ、手入れしていた場所。

そのおじいさん、先日亡くなったそうで、田んぼに水を張ることもなく
花だけはこれから咲き誇ろうとするように、色とりどりの花房を伸ばしていました。
c0168584_11145981.jpg
c0168584_11155325.jpg

[PR]
# by kosodenokura | 2017-06-03 11:16 | 日々のつぶやき | Comments(0)