古布とたわむれる日々

by kosodenokura

カテゴリ:未分類( 8 )

始まり

例年の3倍の積雪量とのニュースが実感されます。
屋根から降ろした雪が場所によってはひさしに達している所も。

窓の外の色のない景色を眺めていると、
手元の和の布の色の
なんと美しいこと。

小さな端切れもいとおしくて、つないで見ました。
6角形を3角で分割し、バラの花の様に縫い合わせます。
土台布と小さなピース布の間には薄く綿をはさんで、ふっくらとさせて。

さあ、これから何を作りましょうか?
c0168584_10592997.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2013-02-02 11:02 | Comments(0)

大掃除

春になり、あちこちのほこりや汚れが目につきます。

日差しに促され、窓を磨いたり、箪笥の整理や忘れていた箱の中もチェック!
ゴミ袋に3個、捨てましたがまだまだ減量が必要です。

和の布がた~くさん。
素材別、色別、時代別といろいろに分類してしかも取り出しやすいようにと
考えて整理したつもりが、すぐにゴチャゴチャ。

記憶力も判断力も整理能力も落ちてきたのか、捨てるに捨てれず、分類もままならず。
おっと、木綿の端布の中に接着芯を張ったままの残り布発見。

ふと思いついて、ブックカバーを作りました。
病院の待ち時間、ちょっとした時間つぶしに文庫本が欠かせません。
でも、どんな本を読んでいるか人に知られるのは何だか恥ずかしいけれど、

ブックカバーはちょっと見せびらかしたい気分。
世界で1つだけのオリジナルです。
c0168584_20422415.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2012-04-27 20:48 | Comments(0)

飛脚かえる

旅の空から、「おせん泣かすな、馬肥やせ」との便り。

「亭主丈夫で留守がいい」とも言いましたが、昔のこと。
良い季節になりました。
庭の花でも愛でながら、二人でコーヒー飲みましょうよ。
c0168584_11254499.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2010-05-18 11:26 | Comments(0)

暖冬のはずが・・

また、大雪の予報。
大晦日、帰省の足が乱れそう。

先日の1週間の大雪は重い雪で庭木も雪に押しつぶされそうでした。
雪つりをしておいて本当に良かった。
そのときの雪がやっと解けて、量も減ってやれやれと思っていたら
またまた、降りそう。

c0168584_21304557.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-12-30 21:31 | Comments(0)

百花繚乱を待つヮ

北国の待ちに待った春。
水仙、椿、梅、桜、こぶし、深山ツツジ、クリスマスローズ。
一斉に咲き始めました。
縮緬の梅、桜、椿も。
c0168584_940821.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-04-17 09:39 | Comments(0)

ポーチ6

c0168584_22493520.jpg

ちょっと大きめ。
トートバッグのなかに、お財布や手帳などをまとめていれると、アクセントに。
こふ色々を接ぎ合わせ。
もちろん絹100%、中袋はめん100%。
[PR]
by kosodenokura | 2009-04-06 22:53 | Comments(1)

ぽーち5

小花の花心部分にビーズをあしらいました。
夜桜を見に行くときにいかが?

c0168584_17102432.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-04-02 17:13 | Comments(0)

ポーチ3

若葉のような緑がきれい。
サイズは通帳、のし袋が入る大きさ。
c0168584_1953254.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-03-30 19:07 | Comments(1)