小袖日誌


古布とたわむれる日々
by kosodenokura
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:作品( 175 )

お祭り最多の、秋田県

東北各地、夏祭り真っ最中!
ところが、今年は雨にたたられているようで、
秋田の竿灯も尻すぼみだった。

四国も雨、台風に直撃されてあほっとしていられませんね。

旧盆をはさんで、ささやかな村祭りから全国規模の一大イベント大曲花火大会、
近くでは日本3大囃子の花輪囃子もあります。

そういえば、秋田県は日本一お祭りが多い県とか!?
大太鼓、なまはげ、かまくら、犬っこ、紙風船、火振り、・・・・
ぼんでん、・・・まだまだいろいろ。

各地、変わったお祭りがおおいようです。

そんな中で、西馬音内の盆踊りの衣装は、かがり火の中で
まさに幽玄の美。
この世とあの世を行き来するような錯覚に襲われるとか。

端縫い衣装をイメージして、手のひらサイズのミニ着物。
何着かモビールのようにつるしたら、きっとお祭りの中には入れそう。

c0168584_10181353.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-08-09 10:32 | 作品 | Comments(0)

売るほど出来たけれど・・・

ピーマンが豊作で、2キロ収穫しました。
チンジャオロースーも、塩昆布和えも、てんぷらもしたけれど、
食べれる量はほんの少し。

しょうがないので、ピーマン味噌にしました。

大なべ1ぱい、完成。
小瓶につめたら、何本分だろう。
とりあえず、瓶詰め10個、後は冷凍。
作るのはいいけれど、冷凍庫も満員常態。

ピリ辛で、調味料としての使い道はいろいろ。
あちこちに差し上げて、食べて頂こうと思っているけれど!?

そして、もう一つ売るほど巾着作りました。
切り刻んだ縮緬の切れ端を縫い繋いで、巾着。
袋部分は10センチ四方の小ぶり。

秋田県南部のお盆過ぎのお祭り「西馬音内盆踊り」の
端縫い衣装をイメージしました。
2センチ角の布だって、捨てられないから、最後はこれで生かしきった!
c0168584_935858.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-07-27 09:35 | 作品 | Comments(0)

手ぬぐい2枚で

手ぬぐい2枚で産着が出来ると聞いて、
作ってみたくなりました。

近頃は可愛い柄や粋な柄の手ぬぐいが
たくさん出回っているのは、勿論知っていますが
思い立ったが吉日。

ホームセンターに行く用事があったので、そこで見つけたのは
豆絞り柄と麻の葉柄。

お祭り用?農作業用?
もう、可愛い柄を探す心の余裕無し。
1枚230円。2枚ずつ購入。

手縫いでチクチク。
あっという間に出来ました。
麻の葉模様は魔よけ。
豆絞りはまめ、つまり健康、勤勉に通じ、縁起はよし。

安物の手ぬぐいのせいか、本に書いてある手ぬぐいより用尺が短め。
なので、丈がすこし短い出来上がりです。
ふ~!
やはり、可愛い柄を吟味すべきだったかな?
c0168584_10351459.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-06-20 10:36 | 作品 | Comments(2)

仲良しすずめ娘

ほんの少し前、一羽の雀が我が家の洗面所の換気口に、
ワラを一生懸命はこんでいたので、換気扇は当分回さないでおく事に。

しばらくすると、ピーピーとなき声が聞こえ、無事
雛が誕生した気配を感じて、ホッコリ。

2,3日前、全く音がしなくなったことに気がついた。
いつの間にか巣立ちしたんだな。
ちょっとさびしい気分。

一時期、すずめをあまり見かけなくなったような気がして
心配していたけれど、今年は結構見かける。

巣立った小雀たち、カラスに負けないでね!

雀にエール!
10センチほどの雀の小袋。
c0168584_21364745.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-06-13 21:43 | 作品 | Comments(0)

携帯お裁縫道具

c0168584_9162091.jpg
6月に入り、30度越えの気温にグッタリ。
ついこの間まで朝晩ストーブを使っていたのに、
急激の変化に体がついていけない、ふー。

暑くなっていくと、手芸も手が汗ばんでなかなか億劫なもの。

とはいえ、急に思い立って久しぶりに刺繍してみました。
プレゼント用のニードルセット。
リボン刺繍やスタンプワーク、ビーズも使って
思いっきり乙女チックに。
[PR]
by kosodenokura | 2014-06-03 09:18 | 作品 | Comments(0)

こどもの日

弘前城も開花宣言が出されました。
我が家の庭にある、3本の山桜と1本の枝垂桜の蕾はまだまだ硬い。

そういえば、こいのぼりをまだ見かけていません。
少子高齢化と言っても、まったく男の子がいないわけではないのに・・・

最近の傾向は、こいのぼりではなく「かぶと」が主流とか。
屋外に掲げるのも、お天気を見て上げ下げするのが大変だからということで。

かつて誇らしげに家々に揚げられていたこいのぼりは今ではどこかに集められ、
川の上を集団で泳いでいます。
O十匹、O百匹と数を競って。

手作りの兜。縮緬細工です。
お父さんや、おじいさんのためにもね。

c0168584_1342580.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-04-23 13:07 | 作品 | Comments(0)

泣きわらし

思いっきり泣いて、駄々こねて、
泣けば何とかしてもらえる時は、短い!

ホラ、ホラ、おしめ?
おっぱい?
具合わるいのかしら?
周りは必死に、アタフタと泣いている原因を探ります。

大人になって、久しいけれど、
時には大声で泣いて、
何とか助けてほしい時もありますよねぇ。
c0168584_21371732.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-03-24 21:38 | 作品 | Comments(0)

負けません!

明日から、大館いとくショッピングセンターにて、
大館のお仲間たちと、作品展を開催します。

23(日)~25(火)の日程なので、人出はどうかしらと言うところなのですが・・・
お雛様直前なので、催事場の前はちょうどお雛様の段飾り売り場です。

う~ん、手作りは別物。
売り場の商品はすごい値段なんですよ。
精魂込めて、年月かけて作った私たちの作品、10万、20万でも手放せない代物。
自己満足でしょう?って!?
とんでもないです。

ねっ!
c0168584_21214754.jpg

c0168584_2124179.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-02-22 21:26 | 作品 | Comments(0)

展示中

秋田駅前、フォンテ7Fでつるし飾りと縮緬細工を展示中です。
2月、3月は各地でおひな祭りにあわせて、つるし飾りが展示されますが、
ご他聞にもれず、負けず、コツコツ作りためたものを展示しました。

明日、明後日開催される大館アメッコ市で使われる赤いミズキの枝に
つるし雛を下げてみました。
「アメッコは?」の声も聞こえたけれど・・・
お細工物です。

オリジナル作品もあるので、一見の価値あり!なんてね。
お仲間20人の声を代弁してみました。
c0168584_14564916.jpg

c0168584_14572661.jpg

c0168584_1457578.jpg

可愛いでしょ!
はなやかでしょ?
[PR]
by kosodenokura | 2014-02-07 15:01 | 作品 | Comments(0)

合コン!?

姫と殿がいっぱい。

今年の雛人形は、卵形のスチロール球を使って、
木目込みです。
大中小、衣装もいろいろ。

とりあえず、一まとめにして見ました。
さて、どの姫と、どの殿を並べようかと・・・・
仲人気分。

当人同士の好みより、私の好みが優先です。
末永く、睦まじく、厳しい時代を手を携えて、
共に白髪の生えるまで、と願いつつ。

おお、そういえば、翁とおうなの金婚雛っていうのも
おめでたいかも!?
c0168584_9285759.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-01-27 09:29 | 作品 | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
秋を感じさせますね。 ..
by 善太郎 at 07:44
目にも鮮やかな作品ですね..
by 善太郎 at 15:09
早いものです。もう七夕さ..
by 善太郎 at 05:38
お雛様の飾り、彩り鮮やか..
by 善太郎 at 20:05
ありがとう! 自分でも..
by kosodenokura at 10:19
パソコンの「マウス」みた..
by 善太郎 at 23:20
スッカリ外は白い冬景色で..
by kosodenokura at 09:38
こんにちは。「ふるさとを..
by 善太郎 at 07:48
コメントありがとうござい..
by kosodenokura at 22:56
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 05:20
LINK
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧