古布とたわむれる日々


by kosodenokura

カテゴリ:日々のつぶやき( 70 )

大館のお仲間と、2年ぶりの展示会。

今回は、新聞に前もって取り上げてもらえなかったので、
来客数が心配だったけれど、
なかなかどうして、大勢の方に足を止めてもらいました!

20人ほどのメンバーで、100点以上の作品。
オリジナル作品、大作も多く華やかな、かわいらしい作品は
来場者の笑顔を誘い、一足早い春。

みんなで知恵を出し合い、頑張った甲斐がありました。
今日から、日曜日までの3日間。
お祭りだ~!!
c0168584_21181146.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2016-02-26 21:18 | 日々のつぶやき | Comments(0)

秋田県横断

秋晴れの中、21日、22日秋田県を車で横断しました。
朝9時出発、12時秋田駅前到着。

少し肌寒い朝の空気、爽やかな晴天。
高速道路は使わず、鹿角、大館、比内、北秋田、上小阿仁、五城目、井川町、秋田市。
紅葉の中を飛ばしました。

勿論私の前を走る車もほとんどなく、景色は独り占め。

ふるさとを離れた友よ!
忙しく都会で働く子よ!姉妹よ!

これが秋田の今。

春の萌えいずる景色はどこか希望にワクワクするのに、
秋の景色は切ない。
来る冬の厳しさを思ってしまう。

この景色の美しさをあと何回見ることが出来るのか・・・
なんて・・・・いやいや、今を堪能しよう!
c0168584_22142119.jpg

c0168584_22151014.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2015-10-22 22:17 | 日々のつぶやき | Comments(2)

盛況でした!

9月最後の週末、私たちの10年目の展示会。
無事、終了!

金曜日に5,6時間かけて準備。
土曜日の幕開け、日曜日終了の短期決戦。

お天気にも恵まれ、秋田広小路近辺での様々な催しが目白押しのなかで、
来場者が何人来られるか、ドキドキの幕開けでした。

なかなかどうして、会場は常に立ち見の盛況!?
中央に腰掛は用意しましたが、混雑しているというかんじでしたよ。

ほとんど手芸愛好者の女性ばかりですが、顔を近づけてじっくり観察。
「可愛い」と思わず手を伸ばすひと。
「ほしい、売らないの?」という声。
何回も来られる方、長くいる方も。

「いいもの見せて頂きました」というお褒めも。

微笑んでお帰りになる様子に、楽しんで頂けたと、みんな満足の2日間でした。
25人の力を合わせたからこその盛況でした。
c0168584_21163562.jpg

c0168584_2119056.jpg

c0168584_2120952.jpg

c0168584_21302338.jpg

作品数100点以上。オリジナル作品多数。
[PR]
by kosodenokura | 2015-09-29 21:27 | 日々のつぶやき | Comments(0)

10年目の展示会

すっかり秋の風。
日差しが暑いことがあっても、風が通ると肌寒いくらい。
周りの田んぼも黄金色で、刈り入れ時を待つばかり。

お彼岸をはさんで、今年は6年ぶりの大型連休になるとか。
ゴールデンウイークに対して、シルバーウイークと言うなんて、知らなかった!

その後、26日、27日ついに展示会開催で~す。
長い人で10年、短い人は1年足らず。
其々、想いと工夫を凝らして手作りのちりめん細工や、つるし飾りを展示します。

オリジナル作品も多数あって、ちょっとしたものよ!

内心、無事開催できるか只今、ドキドキ。
大きなポカをやっているのでは・・・・・・・・
そのうち、居直る時がやってくるはずと、ドキドキを耐え、最後の追い込み中。
c0168584_21565222.jpg

案内状の作品は、風神雷神、泣きわらしなど等。
来年の干支の、申も発表します。

みんな、張り切っています!
[PR]
by kosodenokura | 2015-09-04 22:03 | 日々のつぶやき | Comments(0)

ミニ発表会

縮緬細工のお仲間6人と、刺繍のグループの方々との
コラボ展。

4月12,13日で行いました。
長い人で5,6年なのにはじめての発表会です。
楽しんで作っては、お友達に褒められたりすると
つい、差し上げたり、子供たちに送ったりで、
実はあまり手元に無かったりして、ちょっと慌てる事もある中での
開催です。

でも、頑張ったご褒美に、中々会えなかった友人にあえたり、
ご近所の方が連れ立って来て下さったり、うれしい事がたくさんありました。

実は、9月末には、もっと大きな作品展を企画しており、
今度はそこに向かって、反省点をふまえ、新たな気持ちで進みましょう。
反省会は、今度の木曜日です。
c0168584_23425654.jpg

c0168584_23442850.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2015-04-14 23:45 | 日々のつぶやき | Comments(0)

雪、雪、ゆき

ここ5,6年見た事ない積雪です。
屋根から降ろした雪はひさしにくっつき、
寄せた雪はもう寄せる場所がありません。
ひさしが折れるほど積もったセッピ。
雪の無い町の方々、ご覧あれ!
c0168584_16571430.jpg

c0168584_16581894.jpg

c0168584_16595195.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2015-01-13 17:00 | 日々のつぶやき | Comments(0)

2015年の始まり

c0168584_22532529.jpg

明けましておめでとうございます。

年末年始、日本海側が大荒れの天気予報の中、
初めて、大晦日をホテルで過ごしました。
断続的に雪が降り、予報どおりの荒れ模様の中、
十和田湖のホテルで年越し。

冬の十和田湖は墨絵のようだと例えられるのですが、
初めてでした。
秋田県側、発荷峠から湖面までの狭くて急な曲がりくねったカーブを
車で降りるなんて、考えただけでスリップしそう!

弟一家と、ゆっくりおっかなびっくり、命がけで行ってきました。
湖は鉛色で、道の両脇の木々は、細い枝先まで雪が積もり、
確かに文字通り、ゾクゾクするような?美しさ。

すぐに日も暮れ、温泉につかり、ちょっと贅沢なお正月を迎えました。
今朝は珍しく青空も見え、さぞや綺麗な景色が・・・
と、期待したのですが、出発の頃は、曇り空。

気温もそれほど低くもなく、10時頃ホテルを出発。
来た道をそのまま戻るのもと思い、別ルートを。

小坂に抜ける樹海ラインを選択したのが大間違い。
まもなく猛吹雪に襲われ、車3台、ライトをつけても前が見えない。
道は確かに除雪してあるようだけれど、両脇はどこ?

引き返す事もできず、先頭の車にはぐれないよう、目を凝らし
1時間。
雪国ならではの、ドライブでした。


小坂の人家が見え始めると、ス~と雪が晴れ、見通しが利いて
さっきまでの緊張感は嘘のよう。

年の初めに苦難を乗り越えたような・・・
家について、ホッとして、選択を誤ったと大笑いでした。
[PR]
by kosodenokura | 2015-01-01 23:15 | 日々のつぶやき | Comments(0)

猛烈な雪!

北海道に猛烈な低気圧が停滞し、
テレビではしきりに、警報が出たり、外出を控えるように
呼びかけていました。
c0168584_23584832.jpg

16日朝、家の庭木が雪の重みに耐えかねて、ゴロンと
根元から倒れました。
雪に備え、枝が欠けたりしないように、庭師さんに養生してもらっていたにもかかわらず!

春までいかんともしがたく、毎日外出のたびに目に入ります。
17日、18日も、交通網は乱れに乱れ、運休、遅延。
屋根の雪も、どんどん積もる。
木の枝先にまで絡みつくような、湿り気の強い重い雪です。

屋根がつぶれそうだと、ビクビクしながら、雪下ろしを依頼しました。
明日、来てもらえるかしら?

今頃こんなに積雪があるのは珍しい。
[PR]
by kosodenokura | 2014-12-19 00:00 | 日々のつぶやき | Comments(0)

初雪とあじさい

冬支度、真っ最中。

庭木をしばって、雪に押しつぶされないようにしたり、
自家菜園で作った、大根にんじん白菜、ヤーコンなどなど、
漬物用に干したり、保存用に始末したり。

天気予報とにらめっこしては、予定を立てています。
昨日の午後にはもう、お天気が荒れ始め、暴風警報も。

お昼を食べてすぐ、掃き集めていた落ち葉を燃やしました。
風が出る前に、雨でぬれる前に・・・と、必死。

桜、紅葉と散り始め、イチョウもあと少しで丸裸。
紫陽花はまだ、青々と葉っぱが茂っています。
もぐりこんだ落ち葉をかき集めていたら、一枝、一輪。

真っ白な紫陽花の花が茂みの中に。
季節はずれの遅咲き?!

北風に晒され、雪が降るという予報だから、切って一輪活けました。

本日お昼、予報どおりに風雪すさぶ、寒い一日でした。
c0168584_2295874.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-11-13 22:10 | 日々のつぶやき | Comments(0)
8月13日。
来客の準備で、お布団をほしていたら、ハチが飛んでいた。
ふと、雨戸の戸袋を見ると、!!!!!!!!

綺麗な木目模様で塞がっている!?
よく観ると、どこかで観たような模様です。
わが目を疑うとはこの事。

雨戸の戸袋がスズメバチに乗っ取られた!

怖くて近くでじっくり観察も出来ず、離れた場所からこわごわのぞいてみると
実に美しい木目調で、上部に出入り口があり、
絶えずハチが出入りしている様子。
うっかり覗いて、蜂と鉢合せして刺されたら、それでお終い。
あっという間にショック死。
c0168584_2242327.jpg

ともあれ、こんな珍しいものを、我が家に来た人全員に披露して、
次にどうしたものか、喧々諤々。

最終的にはプロに駆除を依頼すればすむ事ですが、
ミツバチの巣の駆除で、4万とか。

これはスズメバチ、もっと危険だから、もっと値が張るだろうとか
ハチが動かない早朝に、スプレーで退治出来るかもとか。
中がどうなっているのか解らないので
どんな装備で、どう散布するかなど、ああでもないこうでもない。

14日、早朝5時半にはもうすでにハチは活動開始していて、
結構早起きの様子。

弟が、スズメバチ用退治スプレーを、1800円で買ってきた。
説明書きでは、1本で直径15センチ四方が目安とか、とっても間に合わない。

命がけでやるより、ここはやはりプロに観てもらう事にして、就寝。

けさ、4時、バタバタ戸を開け閉めする音で目が覚め、何事かと思っていたら
ウ”~=~=ザワザワザワ・・・・と、異様な羽音がしばらく続き、やがて静寂が。

弟がトライしたらしい。
うめき声も、倒れる気配も無いから弟は無事だろうと、やや安心して、現場に行って見たら・・・

作業着を2枚重ねで着て、手袋もゴム引きやら、皮やら2枚重ねでトライ。
まだ夜も明けない内に、懐中電灯で照らしたら数匹が驚いて外に飛び出したそう。

そんな中、何とかスプレーを吹き付け、穴を塞いだら、
ハチの最後の足掻きがヴ~=~=ザアザワザワ・・・・となった訳。

さあ、戸袋に作られた巣の構造はどんな風に?

興味深深だけど、冬が来たら、戸袋をはずして見てみます。
乞うご期待!
[PR]
by kosodenokura | 2014-08-15 22:37 | 日々のつぶやき | Comments(0)