古布とたわむれる日々

by kosodenokura

<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おのこ

c0168584_1803382.jpg
端午の節句にちなみ、5人の男の子。
金太郎に桃太郎、それから右ちゃんに岳ちゃんに
うふふ・・
大きくなったら何になるやら!!??
[PR]
by kosodenokura | 2009-04-24 17:59 | 作品 | Comments(0)

金太郎~♪

c0168584_13541534.jpg
クマにまたがり、お馬の稽古。
男の子の節句。
縮緬古布で作りました。
サイズ縦20センチ、横22センチ。
[PR]
by kosodenokura | 2009-04-19 13:54 | 作品 | Comments(0)

百花繚乱を待つヮ

北国の待ちに待った春。
水仙、椿、梅、桜、こぶし、深山ツツジ、クリスマスローズ。
一斉に咲き始めました。
縮緬の梅、桜、椿も。
c0168584_940821.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-04-17 09:39 | Comments(0)

切ないね

ケーン、ケーンと毎朝鳴くのです。
大きな庭石の上に乗り、キョロキョロ探しています。
昨年は、一月前には結婚してたのに・・・
年々、見かける数も少なくなってきたそうです。
c0168584_19301412.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-04-14 19:29 | 日々のつぶやき | Comments(2)

ばっけde餃子

少々トウがたってきたふきのとう(ばっけ)。
しかも我が家のは秋田蕗なので、大きい。
料理法は蕗味噌と、天ぷらが一般的。
しかし、本日ひらめいた!
キャベツや白菜の変わりに、蕗のとうを入れたらきっとほろ苦くていけるかもと。
やってみました。
ゴソゴソする、花の部分は取り除き、下ゆでしたのを刻んでいれ、
ネギ、ショウガ、味噌も隠し味に少々。
c0168584_18203197.jpg

蕗の香りが立ち、ほろ苦くて、いける!
おいしい。
多めに入れても大丈夫。
地産地消、自画自賛。
[PR]
by kosodenokura | 2009-04-11 18:23 | 料理など | Comments(0)

端午の節句

鯉に乗って、空翔る男の子。
鯉は、古布の留め袖。
反対側には、派手な模様が。
長さ24センチ、高さ16センチ。
c0168584_2174981.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-04-10 21:09 | 作品 | Comments(2)

枝ぶり

いいでしょ?
まだ、芽吹く前なのに枝先はほんのりピンク色。
これからまさに春が萌えいずる。
c0168584_2154723.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-04-09 21:54 | 日々のつぶやき | Comments(0)

縄文の春

北国もやっと春の日差し。
遠くの山々はまだまだ白く、里の雪も消えたばかり。
野生の福寿草が満開。
蕗のとうが美味しそう。
今にも芽吹きそうな木々の枝ぶりが、いい。
葉が茂る頃には気づかない美しさだとおもう。
縄文の里にも春がやって来た。
c0168584_21201569.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2009-04-08 21:21 | 日々のつぶやき | Comments(1)

ポーチ6

c0168584_22493520.jpg

ちょっと大きめ。
トートバッグのなかに、お財布や手帳などをまとめていれると、アクセントに。
こふ色々を接ぎ合わせ。
もちろん絹100%、中袋はめん100%。
[PR]
by kosodenokura | 2009-04-06 22:53 | Comments(1)

猫め!

春の味、ホッケの一夜干しを作成中。
まだちょっと冷たい風にあて、美味しくなるのをまってます。
それを狙うのは、カラスと猫。
カラスの目を欺くのは、黄色のビニールテープ。
50㎝ぐらいに切って、物干しに干したホッケの周りを
テープで覆うと、カラスには見えないはず。
気がついてません。

今日は、どこからか真っ黒な猫がやってきて
ウロウロしてました。
後足で立ち上がっても届きません。
何か方法がないかと右往左往。
2,30分ウロウロして残念そうに立ち去りました。

ちょっとした台を持ってくれば、届いたのに。
c0168584_20432371.jpg
[PR]
by kosodenokura | 2009-04-03 20:45 | 日々のつぶやき | Comments(1)