古布とたわむれる日々

by kosodenokura

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

良い年に

今年のカレンダーもあと1枚。
お店はクリスマス商品があふれ、カレンダー、手帳も
色々品揃えされていて、つい手に取ってしまう季節になりました。

毎年、この時期、来年の干支の縮緬細工物を作るのですが、
来る年の干支は巳。

毛嫌いされる蛇とあって、見るのも嫌という人の多いこと。
でも、白蛇はべんてん様のお使いで、
巳成る金・・・・実る金と言って縁起がいいとか。

低迷する経済状況の中、来年こそはの願いをこめて作りました。

それから、獅子舞の獅子頭。
ガーっと歯をむき出しにして、景気よく舞ってもらいましょう。

獅子頭はオリジナルです。
11月28日、秋田市土崎の骨董やさん、花色木綿で講習会をやります。
お弁当付で、好きなほうを4時間ぐらいで完成できるように、準備中です。
c0168584_10251866.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2012-11-24 10:29 | 作品 | Comments(0)

二重の虹

久しぶりに虹を見ました。
車の運転中、パラパラと雨が降りました。
すると、前方にどんより曇り空の中に虹を発見。

一色、ふた色、・・・思わず数えたらしっかり七色。
残念!空が青空だったらと思いつつも、形は進行方向に綺麗な半円。

虹の端っこが見えるかもと、思いつつ、運転は気をつけてっと。
次第に建物が減って、田んぼの中に。
しかし、端っこは定かではありませんでした。

虹のトンネルをくぐって・・・・・と思ったら、虹はどんどん場所を変えるようで
絵本の世界とは違うみたい。

よくよく見ると、虹のアーチの外側にもう一重の虹がみえました。
外側は完全形でないけれど、すごい!

初めて!
家に帰り着いたら、まだ我が家の裏に架かっていました。
ラッキー!!
c0168584_1310356.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2012-11-14 13:11 | 日々のつぶやき | Comments(0)

ひこばえと紅葉

10月の末には稲刈りも終了。
そして今山から里に広がった紅葉も、風に吹かれて
錦のじゅうたんのように地面に敷き詰められています。

稲の切り口からひこばえが伸び、青々としてまるで田植えの後のよう。
今年は霜の降りるのが遅いからでしょうか?

遠景の山の紅葉と、田んぼの青々とした緑がちょっと不思議な景色になっています。
c0168584_15173123.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2012-11-12 15:18 | 日々のつぶやき | Comments(0)

頑張りました

秋田駅前のフオンテ7F、秋田カルチャースクールのコーナーに
最近皆で頑張った、作品を展示しました。

七宝まり、5弁の七宝まり、お福さん、はりこ犬、はすの花、鶏、バッグなどなど。
ちりめんや錦紗の古い着物地を使って、一針一針手縫いで作ったものです。

大き目のトートバッグは、大島紬を接いでこれも手縫い。
中袋には、赤い布を使ってポケットもついているんです。

楽しみながら、工夫して、どれ一つとして同じものはありません。

11月12月は、お正月に向けての作品作りです。
お友達に毎年プレゼントする分も作ると、張り切っている人も・・
乞うご期待!
c0168584_2112114.jpg

c0168584_21141552.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2012-11-10 21:14 | 作品 | Comments(0)

とぐろを巻く支度

今日から11月。
晩秋から、初冬へと季節は駆け足で進んでいます。

昨日は青空に赤や黄色の山がきれい・と思ってうっとりしたのに
今朝は朝から思い曇り空で、赤かったはずの紅葉が茶色に見える。

そろそろ冬支度の始まり。
庭木の冬囲いも気になってきました。

辰年もあと2ヶ月を切り、来年の干支は巳年。
ちりめん細工で干支作りをはじめて9年目。

「へびはちょっと~」と人気が有りません。
我が家では、母と妹が巳年。
そういえば、青大将って、最近聞かなくなりました。
屋敷にいれば、守り神とか聞いたことがあります。
青大将の白子が白蛇。

白蛇は弁財天のお使いで、「巳成る金}と言って縁起物なんだそうです。

ここは大きく、日本経済の復興を祈念してせっせとトグロを巻く準備を
始めましょう!

c0168584_10452635.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2012-11-01 10:51 | 作品 | Comments(0)