古布とたわむれる日々


by kosodenokura

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ツバメの巣

秋田県の北部、上小阿仁の道の駅でツバメの巣を見つけました。
あいにく、巣の中は見えないほど高いところで、親ツバメも
離れたところに静かに止まっていたので、ひながいるかどうかは
わかりませんでした。
c0168584_225512100.jpg

最近、すずめやツバメを見かける事がずいぶん少なくなりました。
特にツバメはここ数年、見ていません。
子供の頃は、毎年家の土間にせわしなく出入りし、黄色いくちばしを開ける
ひなにえさを運んでいた事を思い出しました。

ツバメが来る家は、縁起が良いと言われていて、何となくうれしい風景でした。

縮緬で作った、ツバメの香袋。
お腹の中は巾着になっていて、お香を入れて部屋の蛍光灯の紐につけました。
幸せがやって来そうな、気分。
c0168584_22555969.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2013-05-19 22:59 | 作品 | Comments(0)

砂金採り

尾去沢鉱山跡に行ってきました。

廃鉱のあとが今もむき出しで見る事ができ、不思議な感覚に襲われました。
突然異次元の世界に紛れ込んだような、
または猿の惑星のワンシーンを見ているような・・・

一部の坑道は、マインランド尾去沢として中に入る事も出来るのですが砂金採りの文字にひきよせられ、体験してみました。

当日は雨で気温も低いなか、川に見立てた水のなかに手を入れお盆のようなもので
砂をすくい、砂を洗い落として底に残った細かい砂の中にきらりと光る金があればラッキー!
制限時間30分で700円。
ザクザクあるわけもなく、ピンセットでもつかめないほどの芥子粒のような金が4~5粒。

それじゃああんまりと言う事でしょうか、天然石の細石がチラリホラリ。
あほらしいと思いつつも、スッカリ夢中になってしまった!
欲の皮がつっぱり、手の皮がふやけた30分でした。
c0168584_16324913.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2013-05-13 16:35 | 日々のつぶやき | Comments(0)

やっと満開

c0168584_918595.jpg

庭の桜がやっと満開のときを迎えました。

天気予報では本日から3日間はお日さまマークも見られるけれど、
今日も曇り空で、寒い。
我が家の庭の桜は山桜としだれ桜ですが、今咲いているのは山桜、3本。
咲いたかと思うと2日ほどで散ってしまい、すぐに葉が生い茂ります。

2,3件むこう隣の桜は今年の冬に「ウソ」につぼみをほとんど食べられてしまい、
花はパラパラの状態とか。
そういえば、秋田市の千秋公園も被害にあったそう。
ソメイヨシノは美味しくて、山桜はそうでもないのか、それとも見逃した?

桜は本当に日本人の心を捉えます。
発泡スチロールのボールにカッターで切り込みを入れ、絹の縮緬を
きめ込んで(差し込む)桜を表現してみました。
c0168584_930369.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2013-05-08 09:35 | 作品 | Comments(0)

こどもの日

c0168584_16483936.jpg

まるで春の前に入梅したのでは?と言うような雨空が続きます。
気温も低くて庭の桜は3部咲き、山菜も遅いようです。

近くの直売所に行ってみましたが、地物で今あるのは、
ボンナ、こごみ、ちょっと伸びた行者にんにく、クレソン。

太くて甘いアスパラガスはまだまだのようです。

それから、面白いもの発見。
ふきのとうの茎。
花を切り落とし、ゆでてから葉(苞)を引きながら筋を取って水に晒したものがありました。
急いで帰り、早速庭の伸びたフキノトウでやってみました。
キンピラ風に油で炒めてピリ辛に味付け。

美味しい。
蕗ほどしゃきしゃきでもなく、苦味もあってばっけ(フキノトウ)より
おかずになりそう!

気が付けばこどもの日。
熊じゃなくて、三輪車に乗って駆け回っていた私たち仲良しグループの男の子たち。
そろってお嫁さんを見つけたみたい!

母親から見れば、大丈夫かしら?お嫁さんなんて来てくれるかしらと
心配も口に出せずに友人同士それぞれ、愚痴っていた男の子にも春がやってきました。

幸多かれと祈ります。
[PR]
by kosodenokura | 2013-05-05 17:09 | 作品 | Comments(0)

フキノトウのその後

いよいよ5月です。
一息吐いていただけなのに、20日も過ぎていました。

フキノトウもすっかり伸びて、今にも花を開き綿毛を解き放とうとしていました。
フキノトウの花は、タンポポの花のようにホワンとはじけて綿毛を飛ばします。
おなじみの蕗は、葉っぱを縮めて地面から頭を出し、柄を伸ばしながら葉っぱを広げます。

庭の秋田蕗の只今の様子。
10センチから20センチほどの伸び具合です。
フキノトウは30センチぐらい。

山桜の花はやっと蕾がピンク色に。
クールビズのスタートを、ニュースで告げていましたが、
こちらはストーブも炬燵もまだ使用中です。
c0168584_20531035.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2013-05-01 20:55 | 日々のつぶやき | Comments(0)