古布とたわむれる日々

by kosodenokura

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋の気配

c0168584_224695.jpg
旧盆の頃、こちらは肌寒く、もう秋に突入かと
思っていたら、湿度の高い蒸し暑さ。

大雨、洪水警報、注意報が連発。
広島の山津波の状況に、大雨の予報には恐怖を覚えます。

爽やかな秋の空色が恋しい。

今年の立秋は8月7日。
中秋の名月は9月8日。
別名「芋名月」。

「栗名月」とは?
芋とか栗とか食べ物に引かれて名前だけ知っているけれど
正しい云われはさっぱり??

お月見にあやかって、9月のお細工物として
うさぎのお月見を、製作中。
おかもちにお団子いっぱい入れて、ススキに小菊を飾って
さあ、出発。
つきに見とれるとつまずくよ!

お酒も少し欲しいよね。
[PR]
by kosodenokura | 2014-08-21 22:09 | 作品 | Comments(0)
8月13日。
来客の準備で、お布団をほしていたら、ハチが飛んでいた。
ふと、雨戸の戸袋を見ると、!!!!!!!!

綺麗な木目模様で塞がっている!?
よく観ると、どこかで観たような模様です。
わが目を疑うとはこの事。

雨戸の戸袋がスズメバチに乗っ取られた!

怖くて近くでじっくり観察も出来ず、離れた場所からこわごわのぞいてみると
実に美しい木目調で、上部に出入り口があり、
絶えずハチが出入りしている様子。
うっかり覗いて、蜂と鉢合せして刺されたら、それでお終い。
あっという間にショック死。
c0168584_2242327.jpg

ともあれ、こんな珍しいものを、我が家に来た人全員に披露して、
次にどうしたものか、喧々諤々。

最終的にはプロに駆除を依頼すればすむ事ですが、
ミツバチの巣の駆除で、4万とか。

これはスズメバチ、もっと危険だから、もっと値が張るだろうとか
ハチが動かない早朝に、スプレーで退治出来るかもとか。
中がどうなっているのか解らないので
どんな装備で、どう散布するかなど、ああでもないこうでもない。

14日、早朝5時半にはもうすでにハチは活動開始していて、
結構早起きの様子。

弟が、スズメバチ用退治スプレーを、1800円で買ってきた。
説明書きでは、1本で直径15センチ四方が目安とか、とっても間に合わない。

命がけでやるより、ここはやはりプロに観てもらう事にして、就寝。

けさ、4時、バタバタ戸を開け閉めする音で目が覚め、何事かと思っていたら
ウ”~=~=ザワザワザワ・・・・と、異様な羽音がしばらく続き、やがて静寂が。

弟がトライしたらしい。
うめき声も、倒れる気配も無いから弟は無事だろうと、やや安心して、現場に行って見たら・・・

作業着を2枚重ねで着て、手袋もゴム引きやら、皮やら2枚重ねでトライ。
まだ夜も明けない内に、懐中電灯で照らしたら数匹が驚いて外に飛び出したそう。

そんな中、何とかスプレーを吹き付け、穴を塞いだら、
ハチの最後の足掻きがヴ~=~=ザアザワザワ・・・・となった訳。

さあ、戸袋に作られた巣の構造はどんな風に?

興味深深だけど、冬が来たら、戸袋をはずして見てみます。
乞うご期待!
[PR]
by kosodenokura | 2014-08-15 22:37 | 日々のつぶやき | Comments(0)

お祭り最多の、秋田県

東北各地、夏祭り真っ最中!
ところが、今年は雨にたたられているようで、
秋田の竿灯も尻すぼみだった。

四国も雨、台風に直撃されてあほっとしていられませんね。

旧盆をはさんで、ささやかな村祭りから全国規模の一大イベント大曲花火大会、
近くでは日本3大囃子の花輪囃子もあります。

そういえば、秋田県は日本一お祭りが多い県とか!?
大太鼓、なまはげ、かまくら、犬っこ、紙風船、火振り、・・・・
ぼんでん、・・・まだまだいろいろ。

各地、変わったお祭りがおおいようです。

そんな中で、西馬音内の盆踊りの衣装は、かがり火の中で
まさに幽玄の美。
この世とあの世を行き来するような錯覚に襲われるとか。

端縫い衣装をイメージして、手のひらサイズのミニ着物。
何着かモビールのようにつるしたら、きっとお祭りの中には入れそう。

c0168584_10181353.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2014-08-09 10:32 | 作品 | Comments(0)