ブログトップ

小袖日誌

<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雪、雪、ゆき

ここ5,6年見た事ない積雪です。
屋根から降ろした雪はひさしにくっつき、
寄せた雪はもう寄せる場所がありません。
ひさしが折れるほど積もったセッピ。
雪の無い町の方々、ご覧あれ!
c0168584_16571430.jpg

c0168584_16581894.jpg

c0168584_16595195.jpg

[PR]
by kosodenokura | 2015-01-13 17:00 | 日々のつぶやき | Comments(0)

2015年の始まり

c0168584_22532529.jpg

明けましておめでとうございます。

年末年始、日本海側が大荒れの天気予報の中、
初めて、大晦日をホテルで過ごしました。
断続的に雪が降り、予報どおりの荒れ模様の中、
十和田湖のホテルで年越し。

冬の十和田湖は墨絵のようだと例えられるのですが、
初めてでした。
秋田県側、発荷峠から湖面までの狭くて急な曲がりくねったカーブを
車で降りるなんて、考えただけでスリップしそう!

弟一家と、ゆっくりおっかなびっくり、命がけで行ってきました。
湖は鉛色で、道の両脇の木々は、細い枝先まで雪が積もり、
確かに文字通り、ゾクゾクするような?美しさ。

すぐに日も暮れ、温泉につかり、ちょっと贅沢なお正月を迎えました。
今朝は珍しく青空も見え、さぞや綺麗な景色が・・・
と、期待したのですが、出発の頃は、曇り空。

気温もそれほど低くもなく、10時頃ホテルを出発。
来た道をそのまま戻るのもと思い、別ルートを。

小坂に抜ける樹海ラインを選択したのが大間違い。
まもなく猛吹雪に襲われ、車3台、ライトをつけても前が見えない。
道は確かに除雪してあるようだけれど、両脇はどこ?

引き返す事もできず、先頭の車にはぐれないよう、目を凝らし
1時間。
雪国ならではの、ドライブでした。


小坂の人家が見え始めると、ス~と雪が晴れ、見通しが利いて
さっきまでの緊張感は嘘のよう。

年の初めに苦難を乗り越えたような・・・
家について、ホッとして、選択を誤ったと大笑いでした。
[PR]
by kosodenokura | 2015-01-01 23:15 | 日々のつぶやき | Comments(0)